心療内科って?心と身体の両方をケアしてくれるところ

原因不明の体調不良。何科に行けばいいの?

なんだか最近身体がだるい。たまにめまいがする。頭が重く痛い。食欲もない。でもどこが悪いのかわからない。そんな時はどうしますか?脳神経外科に行って、頭部のMRIを撮って、異常なし。胃カメラを飲んで、異常なし。めまいがするから耳鼻科で検査をしても、異常なし。これではいわゆるドクターショッピングになってしまっています。一通り検査をして身体に病気がないという点では安心できても、症状が改善されないのでは困りますよね。もう他に頼れる病院はないのでしょうか?

精神科でなくて、心療内科なわけ

どれだけ症状が出ていても身体に病気がないなであれば、心療内科を訪ねてみてはいかがでしょうか。心療内科は精神科とは違い、内科の中にある診療科ですので、精神的な病気のみでなく、身体と心の両方の面から診断してもらうことができます。ですので、これまでにどのような検査を受けてきたかなどのも診察の上で大切な情報になります。心療内科に行ったことがないと、精神病だと最初から決められてしまうのではないか、強い精神薬を出されるのではないかと不安になりがちですが、まずは先生にどこがどのようにツライのか、詳しく話してみてください。

心療内科ではどんな治療をするの?

先生が投薬が必要だと判断すれば、精神薬が処方されます。怖いイメージはあるかもしれないですが、副作用や依存性の低いものもたくさんあります。自分に合った薬が見つかるまで、時間がかかるかもしれません。薬を飲んだからといって、すぐ治るというものでもありません。それでも、薬の力を借りることで、毎日が生きやすくなる可能性もあります。心療内科にかかる方は、日頃精一杯頑張ってる方が多いです。焦らず、のんびりゆっくり治すことを心がけて、上手に自分の心と付き合って行ってくださいね。

岡山の心療内科の診療方針は、各クリニックの院長や主治医の判断に左右されるため、評判の良い通院先を選ぶことが大事です。