ダンスが流行!?ダンススクールからダンススタジオへ

ダンスができる環境は昔からあった

昔から男女がペアで踊るようなダンススクールは見る機会があったのです。そこには高齢者を中心として参加者が集いダンスを楽しむという場所になっていたのです。勿論、中には選手権参加を目指して頑張っている人達もいましたが、そこまでダンスを極めなくても良く、ダンスを楽しみたいという人も多くいたのです。そのためスクールによって目的が明確になっていて社交場としてのダンススクールも多くの人達の支持を得ていたのです。

ダンススタジオが注目されてきた

しかし昨今、ペアで踊るようなダンススクール以外にも、ダンススタジオをいうタイプのスクールがあらわれてきたのです。ダンススタジオはダンススクールとは違って、集団で統一されたダンスを踊ることが多く、その参加者の多くは若者です。この背景にはダンスが上手な歌手やパフォーマーと言われる人達があらわれたことで、自分もそのように踊りたいと考える人も増えてきたことがあげられますが、それ以外にもダンスが注目されるようになった理由があります。

スタジオによって違うダンス技術の差

そのひとつの理由が中学校の体育の授業でダンスをおこなうことになったためです。そのため体育教師たちがまずダンスを勉強するためにダンススタジオに通ってダンスの技術を身につける必要がありました。また生徒たちも授業のひとつにダンスが正式に採用されたことでダンスを上手くなれば学校の評価も高くなるという考えからダンスを課外活動として習うようになったということもあります。ただまだダンスを指導する人たちが育っていない環境もありダンススタジオによってレベルの差があります。

ダンススタジオの利用方法を正しく理解することで、目的のジャンルのダンスのスキルを向上させるうえで大きな役に立ちます。